お酒の販売免許の申請はお任せください

お酒はネットショップで売りやすいのか

こんにちは。
京都のお酒行政書士の長尾です。

お酒をネットで売りたいという方が増えてきているようですが、
様々なものが売られているネット通販の世界でお酒は売れるのかということをお話したいと思います。

まず、ネットショップでは「売りやすいもの」と「売りにくいもの」があります。
例えば、食品関連や雑貨といったものはネットでは売りにくいとされています。
一見、食品はネットでよく売れている印象もありますが、商品の単価が低く賞味期限の問題もあり、ビジネスとして成功するのは意外と難しいのです。
雑貨の場合は、買い手の趣向が様々なのでターゲットを絞るのが難しいため特定の商品にスポットを当てなければ集客がしにくく全体としては売りにくい商品です。

こういった場合、ショッピングモールに登録をしたり、広告・宣伝費にコストをかけなければ中々お客さんは集まりません。

それでは、お酒はどうでしょうか。

お酒好きな人にとっては、それぞれのこだわりがあり
「好きなお酒はなんとか探して手に入れたい」
「珍しいものや新しいものが見つかれば、1度試してみたい」
というようにファン層が広いのです。

大型の酒屋であってもすべてのお酒を並べることは不可能です。
ましてやスーパーには定番商品しかおいていません。
どうやって探すか、手に入れるのか。
今の時代、ネットしかありません。
そうやってコアなファンを獲得することで、お酒はネットで売れるのです。

また、お酒の場合は飲酒してなくなれば、また新しいお酒を買いますよね。
そうやって、リピート客もつくりやすい利点があります。

さらに、お酒は何本も買うと重いので、たくさん買いにいくのは大変。
それだったら配達してもらった方が楽という人もいます。

私の場合、世界のビールや日本の地ビールを取り寄せたりしています。
初めは酒屋さんで、販売しているものを買っていたのですが、置いている種類が多くないので最近はネット通販で購入したりしています。
「世界のビール10本セット」なんてあると、近くの店ではみたことのないビールがあったり、さらに飲み比べもでき、家に届けてくれるという、とてもいいんですよね。

知人の男性も無類の焼酎好きで、飲んだことのない焼酎を常に探していて、居酒屋の仕入ルートやインターネットなどを駆使して、焼酎を買っています。

話はそれましたが、このように、お酒にはコアなファンやコレクターがたくさんいますから、販売しやすい商品ですし、また、そのターゲットと商品が合致すればビジネスとしてうまくいくと私は考えています。

関連記事

お問い合わせ

【お電話のでのお問合せについて】
事務所不在時には代表者の携帯電話に転送されます。出られない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 留守電にメッセージを残していただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

Copyright(c) 2018 酒類販売業免許申請アシスト All Rights Reserved.