お酒の販売免許の申請はお任せください

飲食店や居酒屋にお酒を卸したい

飲食店や居酒屋にお酒を卸す場合には、酒類卸売免許ではなく「酒類小売業免許」になります。卸売だからと免許も卸売免許を取らないといけないのかと勘違いされるケースもありますが、小売業免許では一般の消費者への販売と飲食店や菓子製造業者にもお酒を販売することが出来ます。

飲食店への業務用販売だけする場合には、小売店のような対面販売の店舗を持たなくても、申請ができます。酒類を保管する場所(倉庫など)とちょっとした事務所を構えるだけで販売場として成り立ちます。

全酒類の卸売免許を取得するのは中々難しいですが、飲食店にターゲットを絞り小売免許を取得する方が、免許としては取りやすいです。

お問い合わせ

【お電話のでのお問合せについて】
事務所不在時には代表者の携帯電話に転送されます。出られない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 留守電にメッセージを残していただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

Copyright(c) 2018 酒類販売業免許申請アシスト All Rights Reserved.