日本酒の輸出【韓国編】

酒類の輸出入

韓国向けの日本酒の輸出量は増加傾向にあります。その輸出額は12億400万円と日本酒輸出国としては第3位となっております。

韓国での日本酒消費は主に日本食レストランや日本式居酒屋など外で飲まれることが多いようです。
価格は手頃で、若い世代にも受け入れやすい価格帯で販売されるものが好まれます。そのため安価な900mlの紙パック酒が全体の50%以上を占め流通しています。

このように韓国では安価な日本酒が売れているため、日本の地酒を日本と同様の価格で輸出すると販売価格も高くなってしまうので、そのままでは販売が難しいかもしれません。どのようにブランディングして販売するのかがポイントとなるでしょう。

韓国での酒類の流通に関しては様々な規制があるので、注意が必要です。流通経路について事前によく調査し、なるべくコストがかからないよう検討する必要もあります。
日本のメーカーの多くが日本国内の卸売業者を通じて輸出していますが、メーカーからの直接輸出(貿易代行業者を介して)することで、コストが削減できます。

酒類販売業免許申請サポートのご案内
『申請のやり方がわからない』 『そもそも書類作成が苦手』 『手続きにかける時間がない』 というお困りの方、免許申請がスムーズに申請ができるようお手伝いさせていただきます。
酒類の輸出入
酒類販売業免許申請アシスト|京都・大阪・滋賀
タイトルとURLをコピーしました