一般酒類小売業免許

一般酒類小売業免許とは

消費者、料飲店営業者(飲食店等)、菓子製造業者に対して酒類を販売(小売)する場合は、「一般酒類小売業免許」が必要です
「一般酒類小売業免許」は原則すべての品目のお酒を小売できます。
(さらに…)

店舗の陳列場所のルール

店舗においてお酒を販売する場合、その陳列方法に注意してください。
「酒類の売場である」ことまたそれが「明確に区別される」ような表示がなされなければなりません。

(さらに…)

飲食店でお酒を販売できる?

ワインを売りにしているレストランなどの場合、ワイン好きの人が多くお客さんが「これのワインが気に入ったから、家でも飲みたい。ぜひボトルを売ってもえないか。」というような要望をされることがあります。
(さらに…)

イベントで酒販売【期限付酒類小売業免許】

期限付酒類小売業免許お祭りや催し物会場や即売会の開催など、イベントで一時的に酒類の販売をする機会があると思います。
本来の販売場以外で臨時で酒類を販売する場合には、「期限付酒類小売業免許」という免許が必要になります。

(さらに…)

飲食店や居酒屋にお酒を卸したい

飲食店や居酒屋にお酒を卸す場合には、酒類卸売免許ではなく「酒類小売業免許」になります。卸売だからと免許も卸売免許を取らないといけないのかと勘違いされるケースもありますが、小売業免許では一般の消費者への販売と飲食店や菓子製造業者にもお酒を販売することが出来ます。 (さらに…)

Copyright(c) 2018 酒類販売業免許申請アシスト All Rights Reserved.