酒類卸売業免許

酒類卸売業免許

お酒を輸出・輸入する「輸出入酒類卸売業免許」

お酒を海外へ輸出したいと考えいる場合には「輸出酒類卸売業免許」が必要になります。海外での日本酒ブームもあり、お酒を海外で販売したいと思う会社は増えてきています。輸出免許のことでわからない方は、酒類販売業申請アシストへご相談ください。
酒類卸売業免許

ビール卸売業免許

ビール卸売業免許はビールのみを卸売することが出来る免許です。ビールだけということもあり、申請者は少ないので、申請枠が決まっていても取得できることがほとんどです。ビール卸売免許申請をお考えの方は酒類販売免許申請アシストにお任せください。
酒類卸売業免許

全酒類卸売業免許

全酒類卸売免許はすべての種類のお酒を卸売することができますが、都道府県ごとに取得可能な件数が毎年決まっていますので、全酒類卸売免許は取得がなかなか難しい免許です。関西エリアで全種類卸売免許の取得をお考えの方は酒類販売免許申請アシストにご相談ください。
酒類卸売業免許

酒類卸売業免許の種類

酒類卸売免許をは、お酒の卸売をするための免許です。その中には細かく区分がわかれており、どの種類のお酒を売るのか、また誰に売るのかによって異なります。よくわからないという場合は酒類販売免許アシストに一度お尋ねください。
酒類卸売業免許

注意!申請は抽選?

酒類卸業免許のなかでも全酒類卸売業免許とビール卸売業免許は申請時期や申請可能件数が決まっています。申請すれば必ず取得できるわけではありません。申請者多数の場合は審査順位が抽選となります。 全酒類卸売業免許、ビール卸売業免許の申請の場合はご注意ください。
タイトルとURLをコピーしました