酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売免許申請に必要な書類

酒類販売免許の申請に必要な書類の一覧です。記載したもの以外にも提出を求められることもあります。事業内容や取得免許により提出書類も異なりますので、困ったら酒類販売免許申請アシストに聞いてください。
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売管理者とは

酒類販売管理者は1販売場に必ず一人は置かなければなりません。酒類販売管理研修を受講する必要もあります。管理者になるには要件もありますので、よくわからないという方は酒類販売免許申請アシストにご相談ください。
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許が付与されたら

酒類販売免許が付与されたら、税務署に登録免許税を納付しましょう。それで酒類販売がスタートです。京都・大阪・滋賀で酒類販売免許申請をお考えの方はぜひ専門家にお任せください。
酒類販売業免許の基礎知識

要件4:酒類販売の事業計画

酒類販売免許の申請にはどれだけのお酒を仕入れて販売するのか収支計画をたてる必要があります。きちんとした事業計画が大事ですので、その点に関しても酒類販売免許申請アシストはサポートします。
酒類販売業免許の基礎知識

要件3:資金と経験について

酒類販売免許の取得には十分な経験と資金が必要です。特に酒類販売にかかる運営費用は十分に準備しましょう。自分はどうなのか不安なん方は酒類販売免許申請アシストにお尋ねください。
酒類販売業免許の基礎知識

要件2:販売する場所について

酒類販売免許を申請する際の要件のひとつに販売場がどのような場所であるか判断されます。またその要件をクリアするために必要になる書類もあります。手引きには載っていませんので、困ったらご相談ください。酒類販売業免許アシストは京都・滋賀・大阪を中心に申請代行しております。
酒類販売業免許の基礎知識

要件1:申請者について

酒類販売免許の要件に人的要件があります。過去に罰則をうけたことがない、税金の滞納がないことなどが条件になります。
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許にかかる費用

酒類販売免許申請にかかる費用は、免許区分によりことなります。一般酒類販売免許、通信販売酒類販売免許、酒類卸売販売免許それぞれ違いますので、酒類販売免許申請アシストまで一度お聞きください。
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許取得にかかる期間

酒類販売免許申請にかかる期間は申請からおよそ2ヶ月です。酒類販売免許申請アシストにご依頼くだされば、迅速な対応をしておりますので、時間のない方はぜひお任せください。
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許の申請先

酒類販売免許の申請は所轄の税務署に申請します。しかし事前相談する税務署は所轄の場所と異なることあありますので、ご注意ください。酒類販売申請アシストはその面倒な税務署への事前相談も承りますので、お客様の負担は軽くなります。
タイトルとURLをコピーしました