酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許とは

お酒を販売するには免許が必要です。飲食店などでメニューとして販売している場合には免許は不要ですが、ボトルや缶のまま未開栓での販売には免許がいります。
(さらに…)

酒類販売業免許の申請先

免許の申請先は販売場がある所轄の税務署です。

初めて酒類販売を行う場合には書類提出する前に税務署で事前相談をされることをお勧めします。
(さらに…)

酒類販売業免許にかかる費用

酒類販売業免許取得に必要な費用としては、免許が付与される際に納付する登録免許税があります。
通知を受け免許が付与される際に、税務署に納付していだくものです。
(さらに…)

酒類販売業免許取得にかかる期間

酒類販売業免許の取得にかかる期間の目安は、申請から2か月です。
(さらに…)

要件1:申請者について

要件その1:【人的要件】申請者(会社)は大丈夫ですか?
(さらに…)

要件2:販売する場所について

要件その2:【場所的要件】販売する場所は大丈夫ですか?

(さらに…)

要件3:資金と経験について

要件その3:【経営的基礎要件】事業資金と経験はありますか?

(さらに…)

要件4:酒類販売の事業計画

要件その4:【需給調整要件】酒類販売の事業計画をたてていますか?仕入先や販売先は決まっていますか?
(さらに…)

酒類販売免許申請に必要な書類

酒類小売業免許申請に必要な書類は以下のようになっております。
(さらに…)

酒類販売管理者とは

酒類小売販売を行う場合、「酒類販売管理者」を選任しなければなりません。
「酒類販売管理者」とは酒類の適正な販売管理が行われるよう売場スタッフに適切な助言や指導をする者のことをいいます。
(さらに…)

Copyright(c) 2018 酒類販売業免許申請アシスト All Rights Reserved.