酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売免許申請に必要な書類

酒類小売業免許申請に必要な書類は以下のようになっております。 「◎」がついたものは、国税庁のホームページより用紙をダウンロードすることができますので、その内容に従って作成してください。 「★」がついたものについては、ご自分で用意する必要が...
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売管理者とは

酒類小売販売を行う場合、「酒類販売管理者」を選任しなければなりません。 「酒類販売管理者」とは酒類の適正な販売管理が行われるよう売場スタッフに適切な助言や指導をする者のことをいいます。
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許が付与されたら

審査が通り酒類販売業免許が付与されることなれば、税務署より連絡がきます。 あらかじめ交付日時が設定され、基本的には申請者自身か会社役員が税務署へ行き交付を受けることになります。
酒類販売業免許の基礎知識

要件4:酒類販売の事業計画

要件その4:【需給調整要件】酒類販売の事業計画をたてていますか?仕入先や販売先は決まっていますか?
酒類販売業免許の基礎知識

要件3:資金と経験について

要件その3:【経営的基礎要件】事業資金と経験はありますか?
酒類販売業免許の基礎知識

要件2:販売する場所について

要件その2:【場所的要件】販売する場所は大丈夫ですか?
酒類販売業免許の基礎知識

要件1:申請者について

要件その1:【人的要件】申請者(会社)は大丈夫ですか?
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許にかかる費用

酒類販売業免許取得に必要な費用としては、申請に必要な証明書費用や免許が付与される際に納付する登録免許税があります。 証明書類取得費用 申請に必要な主な証明書類は以下です。 ■ 住民票(個人の場合) ■ 法人の登記事項証明書(法人の場合) ...
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許取得にかかる期間

酒類販売業免許の審査期間は2ヵ月です。 これは税務署へ申請書を提出してから免許交付までの期間です。 意外と時間がかかるんだなと思われるのではないでしょうか? もし書類に不備や不足があれば、申請書類の補正や追加書類の提出などに時間を要するた...
酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許の申請先

免許の申請先は販売場がある管轄の税務署です。 初めて酒類販売を行う場合には書類提出する前に税務署で事前相談をされることをおすすめします。 税務署には酒販免許担当の税務官(以下、酒類指導官)がいますので、その酒類指導官に相談しアドバイスや...
タイトルとURLをコピーしました