通信販売酒類小売業免許

通信販売酒類小売業免許

通信販売で販売できないお酒

通信販売でお酒を販売する場合、販売できるお酒には制限があります。 なんでも通信販売できるわけではありません。 というのも、国内酒の場合、通信販売できるのは「前年度における酒類の品目ごとの課税移出数量が全て3,000キロリットル未満である酒類...
通信販売酒類小売業免許

通信販売酒類小売のネットショップ作成で気をつけること

お酒をネットショップで販売する際にはいくつかのルールがあります。 ネットショップを作成する際に気を付けてほしいことが以下の4つです。 ① 「20歳未満の者にはお酒は販売しません」の文言を必ずいれること 商品ページや注文画面において「20歳未...
通信販売酒類小売業免許

通信販売酒類小売業免許に必要な3つの書類

通販の免許申請する場合だけに必要になる書類があります。 通販サイトまたはカタログ等の見本や申込書など ネットショップで販売する場合は、そのサイトの見本を提出しなければなりません。 実際にサイトが運営されている必要はありませんが、どんなサイト...
通信販売酒類小売業免許

通販でお酒販売【通信販売酒類小売業免許】とは

酒類小売業免許の中で、店舗販売は「一般酒類小売業免許」。通信販売の場合は「通信販売酒類小売業免許」という区分に分かれます。
タイトルとURLをコピーしました