酒類販売業免許 Q&A

酒類販売業免許 Q&A

販売場や事務所と別の場所に酒類を保管してもいいの?

販売場の敷地が狭く、お酒の在庫を置くスペースがない場合、例えば倉庫を借りてそこに保管したり、自社敷地内でも別の場所に保管スペースを設けたいといったことは可能です。 ただし、「蔵置所設置報告書」という書類を提出しなければなりません。 こちらは...
酒類販売業免許 Q&A

酒類販売の経験がないと免許は取れないの?

酒類販売免許は過去に酒類販売の経験がないと免許取得できないのかについてご説明します。
酒類販売業免許 Q&A

自宅やレンタルオフィスでも酒類販売はできるの?

酒類販売免許は場所の要件が厳しいので、場合によっては認められないことがあります。自宅でもレンタルオフィスでも酒類販売を行うための条件をクリアするにはどうすればいいのか説明します。
酒類販売業免許 Q&A

プライベートブランドのお酒を販売したい

自社のオリジナルのお酒商品やプライベートブランドのお酒を販売したい場合は自己商標酒類卸売免許の取得が必要になります。製造業者との契約も大事になりますので、お酒専門の行政書士にご相談ください。
酒類販売業免許 Q&A

酒類販売免許は相続できる?

酒類製造業者や酒類販売業者に相続が発生した場合には、手続きが必要になります。酒類販売免許を相続することになったら、すみやかに税務署に届出てください。その他複雑でわからなければ、酒類販売免許申請アシストにご連絡ください。
酒類販売業免許 Q&A

お酒の買取する場合は免許はいりますか?

リサイクルショップや中古品買取店などでお酒を買い取り、販売する場合には酒類販売免許が必要です。インターネットで買取、販売を行う場合も通信販売酒類販売免許が必要です。その際は酒類販売免許申請アシストがサポートいたします。
酒類販売業免許 Q&A

酒類販売場を移転したい時はどうする?

酒類販売場の移転は事前に申請が必要ですのでお気を付けください。酒類販売免許申請アシストは酒類販売場移転手続きもサポートいたしますので、ぜひご相談ください。
酒類販売業免許 Q&A

お酒を輸入して販売したい

お酒を輸入して販売するには、酒類販売免許が必要です。お酒の輸入はかなりハードルが高いですので、酒類販売免許の専門家アシストにお尋ねください。フランス、イタリア、スペイン、オーストラリア、ニュージーランド、チリ、アルゼンチンのワインを輸入して販売しましょう。
酒類販売業免許 Q&A

法人成りした場合免許はそのまま継続できるの?

個人事業主として酒類販売免許を取得していたけれど、法人として酒類事業をしたいとお考えでいたら、法人成りによる酒類販売免許申請が必要です。ほぼ新規で酒類販売を行う形になりますので、ぜひ専門家にご相談ください。
酒類販売業免許 Q&A

「条件緩和」ってなに?

現在、何かの酒類免許をもっている場合に、例えば免許範囲を広げたいや、販売するお酒の種類を増やしたいといった場合には「条件緩和」という免許申請ができます。新規で申請するよりも条件が厳しくないので、スムーズな申請が可能です。
タイトルとURLをコピーしました