お酒の販売免許の申請はお任せください

酒類販売業免許が付与されたら

審査が通り酒類販売業免許が付与されることなれば、税務署より連絡がきます。
あらかじめ交付日時が設定され、基本的には申請者自身か会社役員が税務署へ行き交付を受けることになります。

当日はまず登録免許税を納付します。その後、酒類指導官より酒類販売に関する説明や年間報告書作成についてなど説明などがあります。

それが終われば、晴れて酒類販売をスタートさせることができます。

お問い合わせ

【お電話のでのお問合せについて】
事務所不在時には代表者の携帯電話に転送されます。出られない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 留守電にメッセージを残していただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

Copyright(c) 2018 酒類販売業免許申請アシスト All Rights Reserved.