酒類販売業免許が付与されたら

酒類販売業免許の基礎知識

審査が通り酒類販売業免許が付与されることなれば、税務署より連絡がきます。
あらかじめ交付日時が設定され、基本的には申請者自身か会社役員が税務署へ行き交付を受けることになります。

当日はまず登録免許税を納付します。その後、酒類指導官より酒類販売に関する説明や年間報告書作成についてなど説明などがあります。

それが終われば、晴れて酒類販売をスタートさせることができます。

酒類販売業免許申請サポートのご案内
『申請のやり方がわからない』 『そもそも書類作成が苦手』 『手続きにかける時間がない』 というお困りの方、免許申請がスムーズに申請ができるようお手伝いさせていただきます。
酒類販売業免許の基礎知識
酒類販売業免許申請アシスト|京都・大阪・滋賀
タイトルとURLをコピーしました