酒類販売業免許にかかる費用

酒類販売業免許の基礎知識

酒類販売業免許取得に必要な費用としては、申請に必要な証明書費用や免許が付与される際に納付する登録免許税があります。

証明書類取得費用

申請に必要な主な証明書類は以下です。

■ 住民票(個人の場合)
■ 法人の登記事項証明書(法人の場合)
■ 土地・建物の不動産登記事項証明書
■ 納税証明書
■ 金融機関の残高証明書

自治体や金融機関により手数料が異なりますが、だいたい3000円~5000円くらいが目安です。

登録免許税

登録免許税は免許が交付される際に、税務署に納付していだくものです。
登録免許税は、当事務所に依頼されても、お客様ご自身で手続きされても発生する費用です。

登録免許税
一般酒類販売業免許 3万円
通信販売酒類販売業免許 3万円
酒類卸売業販売業免許 9万円

【登録免許税の納付例】
<ケース1>
一般酒類販売業免許と通信販売酒類販売業免許を同時に申請
→ 登録免許税は3万円

<ケース2>
一般酒類販売業免許を既に持っており、通信販売酒類販売業免許を追加申請した場合
→ 登録免許税はなし

<ケース3>
一般酒類販売業免許を既にもっており、酒類卸売業販売業免許(輸出入卸売業免許など)を追加申請した場合
→ 登録免許税は差額の6万円

サポート費用

当事務所に手続きを依頼された場合は、登録免許税と別にサポート費用を頂いております。
サポート費用の一例はこちらです。

一般酒類小売業免許 120,000円
通信販売酒類小売業免許 120,000円
一般小売免許+通販小売免許セット 160,000円
酒類卸売業免許 150,000円

★ サポート費用についてはこちらをご覧ください。

酒類販売業免許申請サポートのご案内
『申請のやり方がわからない』 『そもそも書類作成が苦手』 『手続きにかける時間がない』 というお困りの方、免許申請がスムーズに申請ができるようお手伝いさせていただきます。
酒類販売業免許の基礎知識
酒類販売業免許申請アシスト|京都・大阪・滋賀
タイトルとURLをコピーしました