お酒の販売免許の申請はお任せください

酒類販売免許申請に必要な書類

酒類小売業免許申請に必要な書類は以下のようになっております。

「◎」がついたものは、国税庁のホームページより用紙をダウンロードすることができますので、その内容に従って作成してください。
「★」がついたものについては、ご自分で用意する必要がありますので、役所や法務局などに行き取り揃える必要があります。

当事務所に依頼されますと、こちらで必要書類の収集を代行いたしますので、お客様が役所などに足を運ぶ必要はありません。お客様の手間が最大限に少なくてすみますので、経営や営業活動に専念していただけます。

書類名 備考
申 請 書 ◎酒類販売免許申請書 必要事項を記入します
◎販売場の敷地状況 販売場がどのようなところにあるかわかるよう明示します
◎建物等の配置図 建物の構造を表す図面を記載します。どこに酒類を陳列するのかも明示します
◎事業の概要 店舗の面積や備品の台数などを記載します
◎収支の見込み 予定する仕入先や販売先を記載し、酒類の仕入と売上げ予定について数量及び金額等を見積ります
◎所要資金の額及び調達方法 自己資金がいくらあるか、融資を受ける予定があるのか資金について記載します
◎「酒類販売管理の方法」に関する取組計画書 酒類販売管理者いついてや未成年者飲酒防止の取組について記載します
添 付 書 類 ◎一般酒類小売業免許申請書チェック表 各書類が揃っているか確認します
◎酒類販売業免許の免許要件誓約書 免許要件を満たしているかどうか誓約書に記載します
★法人の登記事項証明書及び定款の写し 履歴事項全部証明書に限ります
★住民票の写し 本籍の記載があるものが必要です
★申請書の履歴書 申請者の職務経歴を記載します。申請者が法人の場合は監査役を含めた役員全員分が必要です
★契約書等の写し 土地、建物、設備等が賃貸借の場合は賃貸契約書等の写しが必要です
★土地及び建物の登記事項証明書 全部事項証明書です。複数の土地にかかる場合は、そのすべての地番に係る土地の登記事項証明書が必要です
★最終事業年度以前3事業年度の財務諸表 申請者が個人の場合は「収支計算書」等を添付
★都道府県及び市区町村が発行する納税証明書 ①未納の税額がない旨②2年以内に滞納処分を受けたことがない旨の両方が証明されたもの
【※通販小売業免許の場合のみ】
★その他参考となるべき書類
通販サイトまたはカタログ等のレイアウト図や申込書など添付
お問い合わせ

【お電話のでのお問合せについて】
事務所不在時には代表者の携帯電話に転送されます。出られない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 留守電にメッセージを残していただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

Copyright(c) 2018 酒類販売業免許申請アシスト All Rights Reserved.