お酒の販売免許の申請はお任せください

飲食店でお酒を販売できる?

ワインを売りにしているレストランなどの場合、ワイン好きの人が多くお客さんが「これのワインが気に入ったから、家でも飲みたい。ぜひボトルを売ってもえないか。」というような要望をされることがあります。

酒販免許がなければ販売はしてはいけないのですが、このような要望が増えてくると飲食の提供だけでなく、ワインの販売もしたいと思うようになるのではないでしょうか?

原則、販売場として飲食店ではないことが要件として挙げられています。
それでは飲食店では絶対お酒を売ることはできないのでしょうか?
答えは販売することも可能です。
ただし、条件をクリアしていなければなりません。
大きなポイントとしては、販売する場所が、他の客席などと区別されていることが必要です。
他からみて、飲食スペースと異なるスペースが確保できれば認められることもあります。
店舗によりレイアウトや間取りの変更が可能であれば、申請可能なケースもあります。

ただ、それならと思い切って店舗改装して申請したものの、許可が下りないということもあります。それではせっかくお金をかけて改装したものが無駄になってしまいます。
そのような問題を避けるためにも、今の店舗図面を持参し事前に税務署に相談してみてください。

また、会計レジや帳簿、納品書なども飲食店とは分ける必要があります。
完全に飲食業とお酒の販売業を分けて営業し、一緒にしないということです。

飲食店でのお酒の小売りは、通常よりも厳しい要件が求められます。

お問い合わせ

【お電話のでのお問合せについて】
事務所不在時には代表者の携帯電話に転送されます。出られない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 留守電にメッセージを残していただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

Copyright(c) 2018 酒類販売業免許申請アシスト All Rights Reserved.