お酒の販売免許の申請はお任せください

お酒を売るには免許は絶対必要?

継続的に販売することが目的であれば営利性を問わず必要です。

販売免許を受けないで酒類の販売を行った場合は、酒税法上「1年以下の懲役または50年以下の罰金に処せれる」ことになります。

例えば、贈答品や家に余っているお酒をネットオークションに出品する、フリーマーケットやバザーなどで売るといった場合には免許は必要ありません。

しかし、個人であってもネットオークションで何度もお酒を出品する場合は、「継続的な販売」とみなされ、免許を取得する必要がでてきます。

また、よく勘違いされるのが、飲食店やお祭りの露店などでお酒を飲用として販売する場合には酒類免許は必要ありません。
つまり、

お酒を未開栓のまま(ボトルや瓶のまま)販売する→ 酒類免許 必要
お酒を開栓しコップなどに注いで提供→ 酒類免許 不要

ということです。

お問い合わせ

【お電話のでのお問合せについて】
事務所不在時には代表者の携帯電話に転送されます。出られない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 留守電にメッセージを残していただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

Copyright(c) 2018 酒類販売業免許申請アシスト All Rights Reserved.