お酒の販売免許の申請はお任せください

飲食店でお酒を置いています。免許はいりますか?

飲食店においてお客様にメニューとして提供する場合、酒販免許は必要ありません。

しかし、開栓していないものをお客様が欲しいからといって販売するような場合には免許が必要となりますので、ご注意ください。

原則飲食店は酒販免許を取得できないこととなっていますが、要件を満たせば酒販免許を取得することも可能です。

店舗で販売する場合は、レストランの飲食スペースとお酒の販売スペースをきっちり分ける必要があります。
簡単なパーテーションなどでわければよいというわけではないので、個室などがない場合はリフォームしなければならないケースもありますので、事前に税務署でご確認ください。

また、レストランで仕入れるお酒と販売用のお酒の帳簿は分けなければなりませんので、
仕入先をそれぞれ別にするか、同じ仕入先であれば酒類販売用として明確にわかる納品書・領収書をもらうようにしましょう。

お問い合わせ

【お電話のでのお問合せについて】
事務所不在時には代表者の携帯電話に転送されます。出られない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 留守電にメッセージを残していただきましたら、折り返しご連絡させていただきます。

Copyright(c) 2018 酒類販売業免許申請アシスト All Rights Reserved.