naga1

特別な酒類販売業免許

コロナ影響の特例措置【料飲店等期限付酒類小売業免許】

コロナの影響により飲食店向けの特例免許「料飲店等期限付酒類小売業免許」が発表されました。飲食店への救済措置としてテイクアウトなどでお酒を販売することができる特例の免許です。飲食店では酒類販売業免許がなくても小売りできるようになります。
ご依頼事例

酒類の輸出入に関する免許事例

輸出入酒類卸売業免許の事例を紹介します。
ご依頼事例

パン屋さんでお酒販売

【CINQ様 京都府大山崎町】 CINQ様は京都でパンの製造・販売をされています。 今回その店舗を移転されることになり、その新店舗でパンとあわせて楽しめるようワインやビールも一緒に販売いたいということで当事務所へご相談いただきました。 ...
酒類の輸出入

日本酒の輸出【韓国編】

韓国向けの日本酒の輸出量は増加傾向にあります。その輸出額は12億400万円と日本酒輸出国としては第3位となっております。
酒類の輸出入

日本酒の輸出【香港編】

香港で販売される日本酒は大手メーカーのものも多い中、豊富な品揃えが展開されています。香港への日本酒の輸出は免税されることからも、地酒メーカーの銘柄でも販路を獲得できるのではないでしょうか。お酒の輸出には輸出酒類卸売り業免許が必要です。酒販免許のご相談は酒類販売業免許アシストまで。
酒類の輸出入

日本酒の輸出【中国編】

中国での日本酒の主な販路は日本食レストランが主で、都市部を中心に日本食レストランの数が増加傾向にあることから、日本酒の消費も年々増えています。
酒類の輸出入

日本酒の輸出【アメリカ編】

アメリカは日本酒輸出相手、第1位です。近年の日本食ブームもあり、日本酒の販売が広がっています。アメリカへお酒を販売するには輸出酒類卸業免許が必要です。酒類販売免許のことならご相談ください。
一般酒類小売業免許

飲食店や居酒屋にお酒を卸したい

飲食店へのお酒を販売するには、一般種類小売業免許です。【一般酒類小売業免許】のことなら京都の酒類販売免許申請アシストへご相談ください。
酒類卸売業免許

お酒を輸出・輸入する「輸出入酒類卸売業免許」

お酒を海外へ輸出したいと考えいる場合には「輸出酒類卸売業免許」が必要になります。海外での日本酒ブームもあり、お酒を海外で販売したいと思う会社は増えてきています。輸出免許のことでわからない方は、酒類販売業申請アシストへご相談ください。
酒類販売業免許 Q&A

販売場や事務所と別の場所に酒類を保管してもいいの?

販売場の敷地が狭く、お酒の在庫を置くスペースがない場合、例えば倉庫を借りてそこに保管したり、自社敷地内でも別の場所に保管スペースを設けたいといったことは可能です。 ただし、「蔵置所設置報告書」という書類を提出しなければなりません。 こちらは...
タイトルとURLをコピーしました